今の中学生は子供は料理を作らないそうです

子供が、自分の夕食を作て、食べてくれま下。嬉しいですね。昭和であれば。当たり前のことも平成では、しなくなっています。それができたので嬉しいです。ご飯を作れるのは、生きる上で大切なことです。よそのお宅もヤラセているのでしょうか。
お手伝いで、お米を研ぐということがあり、小学生の頃から、お友達がしているそうです。ただし、スイッチは入れられない。ご飯畑ないそうなのです。オカズも作れないといいます。嘘だと思います。子供は騙されているのです。何かしら、作れる料理はあるはずです。
女子で、料理を作れる人はいないそうです。
恵まれた環境にいるのです。作れなければ、買えばいいという、マリーアントワネットのような生活をしています。都会ならではです。コンビニも近くに有り、レストランもある、便利だと、それが当たり前になるのです。自分で工夫してどうするということもないのでしょう。リッチなので外食も多いのかもしれません。チャップアップ 市販

予防接種の受診、ちょっとした同窓会のようです

インフルエンザの予防接種を受ける時期が来ました。今年はいつもよりも暖かい日が続いていたのでついつい先延ばしにしていたのですが、子供たちは2回接種しなければならず抗体ができるまで数週間かかるためこの間病院を受診しました。いつも受診しているのは子供たちが通っていた幼稚園の裏にある診療所。現在はしていないようですが、上の子が幼稚園児の時に診療所の先生が来てくれ、集団で予防接種を受けることができていてその名残で今でもその診療所に通っています。
注射の後、30分ほど急変しないかと言う事で待機しなければならず受付は4時までとなっています。けれど、上の子は小学校高学年なので3時下校の日にしか受診できません。3時下校の日に診療所へ行くと幼稚園の時の同級生のお母さんと子供たちが何組かいました。子供たちは小学校は別なのであまり話すことはありませんが、覚えているようでちょっとした同窓会のようでした。2回目の受診も会えると待ち時間も飽きずに話せるのでちょっと楽しみです。女性 ひげ 脱毛 ミュゼ