海外駐在も外国語が出来ると仕事も私生活も楽しくなる

マーケットの拡大やコスト削減による理由で海外へ工場や営業所を一部シフトする会社が多い中、気になるのが海外駐在です。会社から辞令が下りると断ることができないのが、サラリーマンの宿命であるものの結構海外で、上手くやっている人が多いのが現実です。欧米であれば英語が必須になりますが、日系企業が多い東南アジアではどうなのだろうかと、思っている人も多いでしょう。

東南アジアの管理職である現地のスタッフのマネージャー以上であれば、ほとんどの人が英語が話せます。海外駐在員も支社長待遇のポストの人には、お抱え運転手が付いて仕事も現地採用の日本人が外国語のサポートをすることが多いです。

ただ、サポートがあると言ってもより良いコミュニケーションを図る上でも外国語ができるとできないでは、プライベートでも仕事でも楽しさが全く変わってきます。日本人が多く暮すエリアでの海外生活では、日本語のみでの生活も可能ですが、言葉を少しでも覚えることで現地の文化の理解にも繋がります。