我慢し続けた末のタラコご飯が美味しくてたまらなかった

昨日の昼食はタラコご飯です。
朝キッチンを見たらテーブルに焼きタラコが置いてあり、久しぶりに出たそれを食べたくてしょうがなくなり、それが消えた時誰か他の家族が食べたかとがっかりしたのですが冷蔵庫の中に仕舞われていただけでほっとしました。
それから他の人が食べませんようにと念じて朝の作業をしており、そこまで思うならさっさと食べてしまえばいいじゃないかと思いつつも先に誰かが食べていてもがっかりしない、欲張るんじゃないと自制していてから昼食時に冷蔵庫を見るとちゃんと残っていた神に感謝する気持ちが湧きました。
我ながら大げさだと思います。
さっそくご飯を茶碗に大盛りにし、その焼きタラコ2切れを乗せてはしでそれをほぐし、ご飯を口に運ぶとタラコの風味と塩気がたまりません。
子供の頃はタラコがよく食卓に並んで嫌だったのですが、大人になってからタラコが高いことに気付き、今では滅多に食べられないことを知ってからタラコがとても好きになりました。
これからタラコが安くなる時があるのかどうか気になります。