我々が逆流性食道炎で耐える点について

自身は50値段後に慢性胃炎になりました。
それが近頃逆流性食道炎に移行したのです。
これも老化による一品かもしれません。
逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流することにより、胸焼けなどの症状や食道に炎症が生まれる疾患だ。

食道は、胃酸に対する警備作用が情けない結果、胃酸で炎症を起こしたり食道がただれたり、胸焼けやゲップなどが出てくることです。
これはかなりつらいですね。
また自身はタバコをしますので、せき込むこともありますし、痰の今一のです。
医師は禁煙済ませろと言いますが、どうしても閉められません。

逆流性食道炎は胃の心理視鏡の見立てで分かります。
私も先日、心理視鏡の見立てを受けました。
自身は胃の薬をもらっているので、日々受けてある。
そこで胃が締めつけやるのと食道に炎症があるとのことでした。

そこで医師は、脂っこい一品やモチベーションの力強い代物等は控えるようにと。
後は何といっても禁煙ですと。
それができなければ節煙でもしなさいと。
絶えず言うことは同じですね。
後は食後はすぐにお隣にならないようにと。
しかしお隣になったほうが楽ですね。
今処方してある薬は嬉しい薬なのでこれで大変楽になるはずだと。

特に当分内科の一助になっていくことでしょう。http://www.goteborghorseshow.co/cashing-murisoku.html