ロボクとリンボクなどについて探究しました

勉学をしました。陸上では自然が発達するようになり、石炭紀にはどんどんロボクやリンボク(麟木)、フウインボク(封印木)などが達成し、自然がひろがりました。それらの遺体は南半球の高緯度住所を取り除く世界各地の沼地に大量に堆積し、石炭のもとになりました。業界世直し以降、人が発見してきた石炭は、概ねこの時期のシダ植物の光合成によって取り込まれた空気の二酸化炭素から形成されたグッズといえます。活発な光合成の実り、空気インナーの酸素濃度は現在の状況をこえるまでに上昇しました。一方、温室効力瓦斯です二酸化炭素の濃度は減少しました。そのため天候は冷え化し、南半球では大きな氷河が発達しました。石炭紀からペルム紀の海では、四射サンゴ・紡錘虫(フズリナ)など多様な動物が栄えました。一方、陸では大形の昆虫や爬虫類、ひいては裸子植物が現れました。ペルム紀には世界の有力大陸が合体し超大陸パンゲアが生起し、その裏は超海洋パンサラサ海が占めました。相当勉強になりました。