お手伝いしてくれる娘(3歳)には見張りが必要です。

久しぶりにお菓子作りに挑戦しました。実家に住んでいたことは親の目を盗んでクッキーやケーキをこっそり作っていましたが、親元を離れてからはだいぶ時間がたっているので記憶もおぼろげです。対して頭の中には工程は入っていませんが最近はネットでもレシピがあるので安心です。そんな私がつくったのはシュークリーム。しばらくお菓子を作っていない人間にはハードルが高いお菓子ですが、可愛い娘さんのリクエストですので頑張りました。失敗しないシュークリーム生地の作り方というなんとも素晴らしいレシピを参考にしながら10年近く前に購入したクセのあるオーブンレンジと格闘です。生クリーム作りでは先日ハンドミキサーが980円で販売していたので買えばよかったと思うほど腕が痛いです。日頃の運動不足もたたっています。カスタードクリームは少し色が悪いですが、味に問題はありません。シュー生地もきちんと膨らみ中身を詰める作業です。娘さんもお手伝いをしたがるのでここからお手伝いをお願いしました。まぁクリームの減りが早いこと。つまみ食いする悪い輩がいます。減り過ぎて余ってしまった分はお父さんの分になり、娘さんからいい笑顔でプレゼントされていました。